BRAND

TOP

babycrack

CRACK DESIGN OFFICEがつくるメイドインジャパンに拘ったオーガニックコットンのベビー服ブランド。音楽・映画・オーガニック、などをコンセプトに、ロックでユニークなグラフィックが特徴で、従来のオーガニック製品にはなかったファッション性の高いベイビー服が楽しめます。オーガニックコットンのカットソーを中心に、紡績、編たて、プリントの製作行程すべてを、国内の工場にて製作。 こだわり抜いた上質な素材感とシルエット、そしてブランドアイコンとなるユニークなグラフィックをのせたベビーのためのオリジナルブランドです。

Our thought

CRACKのアイテムは、原材料の生産以外の制作のすべてを日本の工場で手掛けています。素材には化学肥料や農薬を一切使わず育てられ、厳しい認定基準をクリアした認証済みのオーガニックコットンを使用しています。また、良質な素材をリサイクルした生地など、環境に配慮した素材を積極的に使用しています。今では国内では希少になった、年代物の機械で昔ながらの方法でゆっくりと丁寧に編み上げられた、繊細なオリジナル生地を使用しています。それは新品でもまるでいままで着ていたかの様な、自然に馴染む肌触りが特徴です。ブランドのシンボルであるオリジナルグラフィックは、高精細な専用インクジェットプリンタで染料によりプリントされており、色鮮やかで着たときのゴワつきもありません。肌にアレルギーを持つベビーにも安心して着ていただけます。

なお、インドで収穫される原綿は、フェアトレードにより生産者も含め社会的にも気持の良い循環で生産されています。”オーガニック”とは環境に配慮した意味を指し示すだけでなく、素材本来の姿やそれをチョイスするライフスタイルそのものを表す意でもあります。私たちを取り巻く環境全体を、今すぐに変えるのは難しいことかもしれません。しかし一人一人が自分のスタイルを楽しみながら何を選ぶのかを考え、少しずつでも変えていければ、それはやがて大きな波になり、本来のあるべき姿になっていくと考えています。

*フェアトレード: 生産者が不当に安い価格で買い叩たいたり、低賃金労働者が発生することを防ぎ、また児童労働や貧困、乱開発による環境破壊を防ぐことを目的としている。最終的には生産者・労働者の権利や知識、技術の向上による自立を目指す方針のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CRACK  DESIGN  OFFICE

デザイナー笹川猛とクリエイティブデザイナーhanaが在籍するデザインオフィス。

笹川猛/デザイナー

2007年ドメスティックブランドのグラフィックデザイナーとして活躍した後独立。オーガニックコットンを使用したオリジナルカットソーを主とした、自身のオリジナルメンズブランド『CRACK』を立ち上げる。クールでブラックユーモアのあるグラフィックと、オーガニック素材との融合がコンセプトの、キャッチーで良質なプロダクトを作り続けている。

hana/クリエイティブディレクター

1998年神戸の阪神淡路大震災をきっかけに、兵庫県からの投資を受け広告とアーティストレップを事業としたベンチャー企業ドリームアンドモアの設立に学生をしながら参加。2003年同社の取締役に就任、東京オフィスを立ち上げ責任者に。広告代理、制作業務全般に携わり、2009年フリーランスのクリエイティブディレクターとして活動開始。主にファションブランド、セレクトショップの広告・販促・パーティの演出などを手掛ける。個人活動として2013年オーガニック&ナチュラル素材を使ったスイーツとお酒のケータリングユニット「BLACK RIBBON」を結成、展示会やパーティ、オリジナルレシピの制作などでたまに出動。2014年オーガニックコットンのベビーブランド「babycrack」の立ち上げ、プロデュースによりCRACK  DESIGN  OFFICEに参加。

CRACK EC SITE